昭和元年/1926年

兵庫県温泉にドイツ製、
アメリカ製の遊技機、遊戯具導入

昭和4年/1929年

大阪市に自動球遊戯出店が許可される

昭和5年/1930年

浅草の「日本娯楽機製作所」が
玉遊び自動販売機各種製作を開始

同年/1930年

名古屋市の遊戯場で「自動球遊器」
設置が許可

昭和6年/1931年

浅草にスポーツランド開場。
パチンコタイプの遊戯機が人気呼ぶ

昭和10年/1935年

メダルを出して商品に換える営業で、
全国でブーム

昭和11年/1936年

正村ゲージの創始者(正村竹一氏)
名古屋市で「浄心遊技場」開業
正村ゲージについて

昭和12年/1937年

日中戦争が勃発。
戦時特例法によりパチンコ店の新規開店が禁止される。
現在のパチンコと同じ鋼球式のパチンコが登場。

昭和16年/1941年

太平洋戦争が勃発。
景品として、タバコの提供禁止。
かわりに入浴券、
電車の回数券を許可(高知県警察部)

昭和17年/1942年

戦時体制により、パチンコは不要不急産業として全面禁止となる。
パチンコ店は閉店され、台は処分された。

昭和21年/1946年

禁止されていたパチンコが復活する。
正村氏が自宅でパチンコ店をオープン

昭和23年/1948年

風俗営業取締法(改正前の風営法)制定により、パチンコは許可営業となる。
正村氏考案の「正村ゲージ」登場

昭和27年/1952年

連発式登場。遊戯場が3万軒超。
第一期黄金時代

昭和28年/1953年

「オール20連発式」登場。現在の連発式の原型となる

昭和32年/1957年

西陣から役モノの第1号
「ジンミット」登場

昭和36年/1961年

換金システムの原点、
大阪方式が府内で開始

昭和40年/1965年

オリンピアマシンが銀座に登場

昭和41年/1966年

役モノ等で機械基準緩和、
チューリップの全盛期に

昭和46年/1971年

西陣、エース電研等、
補給コンピュータを開発

昭和50年/1975年

正村ゲージの創始者、正村竹一氏、逝去

昭和52年/1977年

テレビ付パチンコ開発。
3メダル5ラインのスロット登場

同年/1977年

三共がフィーバーの前身、
ブレンド赤坂を発売

昭和54年/1979年

パチンコの日(11/14)を制定
第1回全国パチンコ感謝デーを実施

昭和55年/1980年

三共の超特電機(フィーバー機)登場

昭和60年/1985年

保通協による型式検定試験が開始

平成2年/1990年

パチンコ用プリペイドカードが市場に登場

平成4年/1992年

英国ゲーム機メーカーが
パチスロ4号機を発表。パチンコCR機登場

平成7年/1995年

パチンコの売り上げが30兆円を超える

平成9年/1997年

新内規CR機登場

平成13年/2001年

パチスロ130万台突破。AT機全盛へ

平成22年/2010年/6月

「正村ゲージ」を考案した老舗企業
正村商会(株)が倒産(昭和20年創業)

平成23年/2011年/3月

東日本大震災の影響により大幅な売上減少

平成25年/2013年

パチンコ/パチスロの遊技人口が
1000万人を割る

平成26年/2014年/12月

パチスロメーカー・
(株)ラスター(旧テクノコーシン)が倒産

平成27年/2015年/3月

パチンコ機器メーカー・
マルホン工業(株)が倒産
(昭和24年創業)

平成27年/2015年4月

老舗パチンコ遊技機メーカー・
奥村遊技(株)が倒産
(1947年/昭和22年創業)


パチンコの売り上げ/遊技人口の推移

1995年 30.9(兆円) 2900(万人)

2000年 28.7     2020

2005年 28.7     1710
2006年 27.5     1660
2007年 23.0     1450
2008年 21.7     1580
2009年 21.1     1720
2010年 19.4     1670
2011年 18.9     1260
2012年 19.0     1100
2013年 18.8     970
パチンコ業界WEB資料室/データ参照

関連リンク

ソーシャルボタン

インデックス


TOPへ