doraty_comさん

パチバカ長い事やってると知恵と愛着が出てくるんです。
まだ戦おうというのですか・・・
いつ完成できるのだろう、どこまで伝える事ができるのだろう。
Yahoo!知恵袋でお馴染み、doraty_comさんのコラム
パチンコに対するよく見かける疑問の回答を順次コラム形式でご紹介します、
熟練者も参考になりますよ。

プレミアムはハズレルか 4回目


今回は息抜きのサムハズレパロディです。

このパチンコチュートリアルはマジメな正攻法サイトですから、一切関係ありません(^^)

メーカーが外れる想定がしてなくても外れたのであればそれは「ハズレ」です。
ここがデジタルパチンコの特徴と言えます。

昔に一発台で玉が入ったのに、チューリップが開かない事がたまにあります。
覗くと中で玉が止まっており、従業員を呼ぶと尖ったものでつついて開けてくれます。

これを従業員は決して「ハズレ」とは言いません。

セブン機の場合は、仮に偶然従業員が見ていたとして「アレー?」となります。
お互い顔を見合わせ「「おかしいなー?」
そこで従業員は思い出します自分の立場を。

常日頃店長より口すっぱく言われています。
「自分で解決できないと思う事柄は迷わず直ぐに報告!」
迷わずインカムで報告です。
受けた副店長は事態の重要性から、事務所に直接詳細報告をさせます。

お客に断り事務所に向かい詳細を店長・副店長に報告。
「解った、確認するので持ち場に戻るように」と指示されます。

ここで店長が思うのはまさかの裏ロムによるバグ。
店長は知らないのだが業界長けりゃ「ピーン」ときます。

一応オーナーの携帯に連絡。
オーナーは
「解ったメーカーには俺から確認を入れる、とりあえずハズレたのであればハズレだ」
常日頃言っている
「100%はありえないその辺のところお客さんに良く話してご理解頂く様にしなさい」
「結果報告は必ずするようにしてくれ」

ゴルフ三昧の「遊びボケのオーナー」には連絡が取れない時もあります。

取れなくてもオーナーの気持ちはここにあり、出来る店長はそこまで判断行動します。
だからと言っても必ず着信履歴は残すようにします、これが雇われ店長の処世術です。

さてバグの問題です。
メーカーは100%のつもりで作成しても、様々な要因が想定できます。

けれど対外的には「当たりが外れた」であってはいけないのです。
それがメーカーミスであってもです。

行動はおなじです。
「100%はありえない、その辺のところお客さんに良く話してご理解頂く」であります。

メーカーとホールの絆は強いはずです。
ただしそれとこれとは別でありホール自体が裏・遠隔が疑われるのです。
当然メーカー担当者に確認・苦情を入れます。

「はいそうですか、それは当方の問題ですよね」(そちらの後付ものでないとの意味)
その「ですよね」の表現は店舗により異なります。

メーカーバグであれば全国に稼動されています。
100万分の1のバグであれ多くの日々の回転数から計算すれば発生はします。

そうなれば確認苦情が来ます。

大きくなるとホールは遠隔・裏ロム疑惑になるので信用問題であります。
組合・団体を通じて確認苦情となります。

その前にメーカーとして緊急会議です。
少ロットの問題か、そうであればその部分のみ回収で対応できないか。
(閉店後にこっそりなんて事は出来ませんよね)

全体的致命的なミスであれば、早期に条件譲歩で新台と取替えとなるのでしょう。
いずれにしてもお客は関係のないところで進行する事になります。

歴史ある大手は、滅多な事ではこんな事はないのでしょう。
「サムハズレ」なんてのは都市伝説なのでしょうかね。

この問題を想像で考察しました(笑)メーカー・店舗・関係者の方々スイマセン。

CONTENTS

doraty_comの知恵袋TOPへ 大当たり期待確率/ハマり確率へ 機種情報解説一覧へ 質問コーナーへ

パチンコに関する質問はこちらへ!

パチンコチュートリアル/TOPへ 換算表/4.32円・1.08円
ソーシャルボタン
インデックス

MENU


TOPへ