doraty_comさん

パチバカ長い事やってると知恵と愛着が出てくるんです。
まだ戦おうというのですか・・・
いつ完成できるのだろう、どこまで伝える事ができるのだろう。
Yahoo!知恵袋でお馴染み、doraty_comさんのコラム
パチンコに対するよく見かける疑問の回答を順次コラム形式でご紹介します、
熟練者も参考になりますよ。

勝てなくなった


勝てなくなった
これはここ最近、良く聞く話です。

理由はズバリ当たり前ですが、パチンコ店が「玉を出せていない」からです。

昔は良かった、パチプロが少なくなった、これらも同じ要因ですね。

ちなみに表現で、初心者には少し解かり難い部分もあるかと思いますが
解からないところは、質問コーナーでお聞き頂ければ回答させて頂きます。

出玉規制によるメリハリが付けれない、さらに客数減による売上減少
玉を出していないのではなく「出せない」のです。

出玉規制のメリハリ規制は「一気出し」の魅力が失われ
負けていた場合の「運での復活」の機会の減少です。

店はお客が多ければ「薄利多売」で、経営は順調です。
もっとも多ければさらに儲けようとするのも、商売なんですが・・・。

パチンコは基本的に
「回りを落とす・出玉を削る」を釘で調整ですから商売であるパチンコ店に、勝てる釘があると思うのがそもそも幻想です。

「落とす・削る・締める」
それらを含めて「回る・回らない」の表現で統一します。

調整ミスや軌道調整で何とかと思っても、一般的に回らないのは回りません。
回りが良ければ、その見返りに削りやスルー締め。

もちろん釘にメリハリをつける店もあるでしょうが、それを目ざとく見つけるには、一般遊技者では無理なんです。

お年寄りに良く見かける、保留満タンでも打ちっ放なしなんてのは問題外として
とりあえず「技術介入」で回転を上げる作戦は取られているはずですね。

新内規で電チュー1個でもOKは、中級者超の遊技者を虐めにかけます。
責めどころが減るからです。

もっともそんな機種をどこまで出してくるかもあります。

パチンコ店は何も、プロや上級者のためにある訳ではなく多くの一般遊技者を大切にしないと運営できません。

等価は換金差のある店より回らない、これ当たり前なんです。

だからといって
換金ギャップ店で「持ち玉遊技」を狙ったにしても、元々それを見越しての釘調整

メリハリが付いた店には上級者以上が集まり易く、一般遊技者の勝てる要素は、ますます少なくなります。

回らないのにどうやって勝つの?

常識的には「ありません」
ありませんが、その可能性を見つけていくのが「ギャンブラー」なんです。

今回はここまで、教えて良いのかな?次回も続きますよ。

CONTENTS

doraty_comの知恵袋TOPへ 大当たり期待確率/ハマり確率へ 機種情報解説一覧へ 質問コーナーへ

パチンコに関する質問はこちらへ!

パチンコチュートリアル/TOPへ 換算表/4.32円・1.08円
ソーシャルボタン
インデックス

MENU


TOPへ